投稿者「katsuhara」のアーカイブ

『つながり:社会的ネットワークの驚くべき力』

投稿者: | 2020年5月21日

『つながり:社会的ネットワークの驚くべき力』 ニコラス A. クリスタキス、ジェイムズ H. ファウラー著、鬼澤忍訳、講談社、2010  帯にこうある。「デジタルであれアナログであれ、人と人とのつながりのなかでしか人間は… 続きを読む »

勝原私塾4期開催日延期のお知らせ

投稿者: | 2020年4月25日

世の中の状況を鑑み、勝原私塾4期のスタートを2ヶ月遅らせることにしました。 新たな日程は以下のとおりです。 この時期には、すっかり皆さまの社会生活が安定していることを心より願っていますが、万が一、まだ不安定な場合は、オン… 続きを読む »

『ダイバーシティ:生きる力を学ぶ物語』

投稿者: | 2020年3月28日

『ダイバーシティ:生きる力を学ぶ物語』山口一男、東洋経済新報社、2008 目次は、次の三つだけです。(目次からしてユニーク) ●六つボタンのミナとカズの魔法使い:社会科学的ファンタジー●ライオンと鼠:教育劇・日米規範文化… 続きを読む »

映画「つつんでひらいて」

投稿者: | 2020年3月5日

装幀家、菊地信義さんの仕事を追ったドキュメンタリー映画。デザインを四六時中考え、 考えたことを、一つ一つ手で探りながら表現していく菊池さんの様子に息をのんだ94分だった。 私は、 さわり心地がまったくない電子ブックに馴染… 続きを読む »

勝原私塾4期生募集します!

投稿者: | 2020年3月1日

勝原私塾4期は、8月1日(土)にスタートの予定です(6月スタート予定を変更しました)。本日より、塾生募集を開始します。よろしくお願いいたします。 塾のコンセプトは ・接近と俯瞰を繰り返して学びほぐしをする ・論理と情緒の… 続きを読む »

『笑いと治癒力』

投稿者: | 2020年2月27日

ノーマン・カズンズ著(松田銑訳)岩波書店 2011年 タイトルを見て購入した。病気の治癒にはユーモアが大切といった話かと思っていたが、そればかりではなかった。 実際、著者は 難病とされる病を 克服するために、意図的にスト… 続きを読む »

ケアを支える組織管理@第34回日本がん看護学会

投稿者: | 2020年2月24日

日本がん看護学会学術集会(東京)に招聘いただきました。 私のお役目は、特別講演「看護の誇り:組織とケアのはざまで」の演者と、 パネルディスカッション「日常のケアに潜む倫理的問題への取組り組み」の座長です。 大好きな祖父を… 続きを読む »

どの診療科にも共通する管理問題を扱っていたんだ!

投稿者: | 2020年2月20日

昨日は、大阪精神科病院協会看護部長等研修会で講演をさせていただきました。会場は、ホテルの宴会場でとても立派なところです。 テーマは、「精神科と看護倫理:倫理的風土を高める次の一歩」 私は、ほとんど精神科の看護を知りません… 続きを読む »